社員教育トップ

社員教育制度

PUSHコース 胸骨圧迫とAED

社員教育心臓マッサージAED講師 AED講座様子 AED講座毎月一度の練習風景 心臓マッサージ講習の模様


ミーティング

ドライバー4~5名で班を構成し、班毎に毎月一回ミーティングを行い、ドライバーの意見を取り入れ、緊急を要することは即、報告・連絡・相談し改善 を行い、別途毎月一回の班長会議を行い日々の改善箇所を見直す、重点項目を選定し安全推進委員会で再度検討しなおすことで、重点項目を決め、ドライバーに教 育を行っております。
その結果・・・
■ドライバー同士で走行中危なかった事や納品先での出来事の会話が増えました。
■事故の写真等を共有することによりイロイロな分析意見が出ました。
■スピード超過者の氏名張り出し(タコグラフのチャート紙)にてドライバーの意識改革ができた。
■危険作業(写真)と安全作業の資料制作後、EGセンターや掲示板に掲示しドライバー一人一人に知らしめて意識を高めることに成功した。
■事故事例を教材に教育を行うことにより常識と思っていたことが異常行動と気づく。
などの結果が出ております。

 

お得意先でのミーティングも大事な教育の一つです。

ヨロズ物流エントランス

弊社では、配送マニュアル説明会や班長会議などを定期的に行い、ドライバーの安全や、安全対策はもちろんのこと、配送マナーやビジネスにおいての心得などの社内教育を徹底をして行っております。 また、お客様との信頼や絆をより深めるため、お得意様先でドライバー教育を行っております。大事なお客様との関係を更に深くお付き合いして行く上で、非常に有効的な会議となっております。

KYT(危険予知訓練ミーティングの実施)

危険予知訓練(きけんよちくんれん)は、工事や製造などの作業に従事する作業者が、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を予想し、指摘しあう訓練であり当社、ヨロズ物流でもドライバーの安全と業務の安全を図るために定期手に行っています。

社員教育・KYTミーティング風景

普段行われている社員教育、ミーティングの様子です。
会社がどうすれば更によりよくなるか一人一人が真剣に話しあい、さまざまな意見が飛び交います。

 

>>戻る  

Copyright(C) YOROZU Co,. Ltd. All rights reserved.